銀行カードローン

MENU

銀行カードローンは総量規制の対象にならない

お金を借りる上で、悩みの種となる要素のひとつが総量規制です。
総量規制とは、利用者が無理な借り入れを行なわないようにするための規制です。

 

その規制の中に、「個人の借り入れは申込者の年収の3分の1まで」というものがあります。
これは、返済が困難になるほどお金を借りないように利用者を守るために定められているのですが、何らかの事情でこの規定以上のお金が必要となる方には、少しネックとなります。

 

しかし、総量規制は賃金業法で定められているので、対象となるのは消費者金融や信販会社など、お金を貸すことが主目的となっている金融業者です。
そのため、銀行は総量規制の対象になってはいません

 

銀行カードローンならいくらでも借りられるのか?

総量規制の対象にならないということは、年収がどれだけ低くても高額融資してもらうことができるということでしょうか?
残念ながらそうではありません。

 

総量規制対象外であっても、申込者の年収や借入状況などを考慮に入れて融資額は決定されるため、無理な借り入れはできないようになっています。
加えて、銀行も総量規制を参考にしているため、年収の3分の1以上の融資は簡単にはできないようになっています

 

特に、初回の利用で総量規制の基準を超えるような融資はほとんどしてもらえませんし、増枠する場合も一定の条件を満たさなければならないケースが多く、際限なく借りられるわけではありません。

 

収入がなくても借りられる?

総量規制には例外と除外が存在し、その中に「配偶者貸付」というものがあります。
配偶者貸付は、申込者とその配偶者の合算した年収の3分の1までの借り入れを行なえる貸付です。

 

つまり、申込者本人に収入がなくても配偶者の収入だけでも借りられるということです。
しかし、「配偶者貸付」を行なっている銀行は非常に限られており、借りられる金額も最高で50万円となっています。

 

また、利用する際に、配偶者の同意や婚姻関係を証明する書類、収入証明書などを提出しなければならない場合もあります。
配偶者貸付を適応しているところがほとんどないのであれば、学生やその他の理由で収入がない方が借り入れを行なうことはできないと考えて良いでしょう。

 

銀行で借りても消費者金融と変わらない?

総量規制を基準とした融資をするのであれば、銀行も消費者金融と変わらないように思えるかもしれません。
しかし、消費者金融では、すでに総量規制を超える借り入れがあった場合は絶対に融資してもらえないのに対し、銀行カードローンの場合は融資してもらえる可能性があります。

 

ただし、キャッシングの借入件数が多い場合は借入金額に関係なく審査に通りにくくなるので、注意が必要です。