銀行カードローン

MENU

通らなければならない2つの審査

銀行カードローンには2つの審査があり、融資してもらうためには両方の審査に通る必要があります。
最初に行なわれるのは仮審査で、これに通ると本審査が行われます。

 

本審査に通ることができれば、ローンカードの発行や銀行振込などでお金を融資してもらうことができます。
しかし、仮審査に通ることができても本審査で落とされる可能性は必ず残ります。

 

なぜ審査に落とされるのかは、それぞれの審査の違いに理由があります。

 

仮審査の内容

仮審査は、銀行側で行われる審査のことです。
消費者金融のわずかな項目で行なわれる、数秒で結果が出る診断とは違い、こちらは完全な審査として行なわれます。

 

申し込みページで入力した情報−−申込者の属性、他社借入件数と他社借入金額といった情報を元に、コンピューターによるスコアリング審査で結果が出されます。
仮審査は比較的通りやすいですが、条件を満たしていなければこの段階で落とされる可能性は十分にあります。

 

本審査の内容

仮審査に通れば、次は本審査です。
本審査は、銀行ではなく保証会社が行ないます。

 

保証会社は、消費者金融や信販会社が行っていることが多くあります。
ここで審査されるのは、仮審査で確認した情報に加え、個人信用情報機関に記録されているデータ、本人確認書類や収入証明書といった必要書類、在籍確認などをコンピューターではなく人が行ないます。

 

提出されたこれらの情報を比較し、情報にミスやウソはないか、借入状況に問題はないか、トラブルを起こしたことはないか、連絡はちゃんと取れるか、といった細かな確認が慎重に行なわれるので、基準は仮審査よりもはるかに厳しくなります。

 

無事審査に通ることができれば、借り入れが可能となります。

 

審査に通らなかった場合

仮審査に通らなかった場合は本審査に進めなくなり、一定期間同じところで申し込むことができなくなりますが、この段階では個人信用情報機関に申し込み履歴は登録されないので、他社への申し込みに影響することはありません。

 

しかし、本審査で否決されると、一定期間同じところで申し込めないだけでなく、個人信用情報機関に申し込み履歴が、保証審査を行なった金融会社には自社個人信用情報に審査に落ちた記録が残り、申し込んだところ以外にも影響がでます。

 

手当たり次第に申し込んでそのたびに審査に落ちていると、銀行カードローンだけでなく、信販会社や消費者金融の申し込みもできないような状態になってしまうこともあります。

審査に落ちたらすぐに他者へ申し込むのではなく、審査に落ちた原因を調べましょう。