銀行カードローン

MENU

上手な返済の仕方

カードローンを利用したら、今度は返していかなくてはなりません。
そのためには、返済プランをしっかり立てて実行していく必要があります。

 

きちんと立てられた返済プランに沿って返済していけば、大きなトラブルがない限りは完済することができるでしょう。
しかし、ただ返済しているだけでは効果的な返済はできません。

 

「約定返済」という基本は厳守する

約定返済とは、毎月決まった日あるいは一定の日数ごとの返済のことです。
銀行によって返済日の決め方が違い、銀行があらかじめ指定している、指定されているいくつかの日から選択する、35日ごとに支払う、返済日を申込者が任意で設定できるなどがあります。

 

最も効果的なのが、給料日後すぐの日にちを選ぶことです。
給料日前だとお金がなくて支払いができないという事態に陥りやすくなりますが、給料日後すぐであれば余裕があるので返済の延滞を回避することが容易になります。

 

また、約定返済は必ず行なわなければならず、延滞すると遅延損害金が発生して負担が増し、個人信用情報機関にブラック情報が記録される、利用限度額が引き下げられる、カードローン自体利用できなくなるなど、トラブルが発生します。

 

約定返済は絶対に遅らせないようきちんと行なう必要があります。

 

「随時返済」を活用する

随時返済または繰り上げ返済を利用することで、効果的かつ素早く返済を行なうことができます。
通常どおりに約定返済を行なうと利用した日数分の利息が発生し、返済方式にもよりますが、元金の減りが遅くなります。

 

しかし、随時返済は自分の好きなタイミングで行なうことができるため、早い段階で支払えば利息負担が軽減され、元金に充てられるお金も増えるので総返済金額が減り、返済期間も短縮することが出来ます

 

気をつけなければならないのが、余裕のないときに行なうと生活が苦しくなる恐れがあること、そして随時返済は約定返済として認められない場合があるので、支払うタイミングには注意が必要だということです。

 

返済方法と返済方式

返済方法には、自動引落とし、ATM返済、銀行振込などの方法がありますが、確実に支払いが行なえる、返済方法を選びましょう。
そして、提供されているなら返済日お知らせメール機能などを活用し、返済を延滞しないよう準備しておきましょう。

 

返済方式は出来るだけ返済が長引かないような方式を採用しているのが望ましいですが、上記にも書いたように随時返済や繰上げ返済が出来るのであれば、それほど大きな問題ではありません。
しかし、一部の銀行カードローンでは繰上げ返済ができない、あるいはできても手数料がかかるところがあるので、申し込む前によく確認しましょう。